人気ブログランキング |

chandeleur クレープの日

先日、2月2日はchandeleurの日なので主人の友人宅でクレープを食べに行ってきました。
何だそりゃ?って事で、調べてみました。
キリストの誕生から40日後にあたる、2月2日はマリアお清めの日(La Purification de Marie)でシャンドゥルールChandeleur(=Chandelle(仏)ろうそく)と呼ばれるキリスト教徒の祝日(休日ではない)これは聖母マリアをお清めするための教会で、蝋燭の火を灯し、行列を行ったことから由来するらしいです。そして現在ではchandeleur =『クレープを食べる日』として定着しているようです。

然し、何故にクレープ??
幾つか言い伝えがあるようですが、1つを紹介すると丸くて黄金色をしたクレープは太陽を想像させ、春の到来(豊穣祭)を意味すると同時にキリストに光(太陽)と同じ形・色をしたクレープ を捧げたとしたとも言われているようです。

という事で、前置きが長かったけれど、食べてきました〜♪ 
元々、彼のフィアンセは基本的に料理は嫌い。なのでちょっと心配でしたが、さすがフランス人 ヽ(^。^)ノ美味しいクレープを頂く事が出来ました。

まずは、crêpe salée いわゆる食事。ベーシックに卵+ハム+マッシュルーム+チーズのクレープそしてデザートcrêpe sucréeへ。生地は焼いてくれたのであとは自分好みにアレンジ♪
テーブルにはジャム、砂糖、バター等々。ヌテラ(チョコレートペースト)にバナナ、生クリームも準備されていました。男性陣は信じられないと口にしていましたが、私と彼女はニコニコ(^‿^✿)
クレープと言ったらこれが基本でしょう〜と意気投合!万国共通で女性が好きな物のようです。
私はトータル3枚+チーズ(私がチーズ好きなのを知っているので私用に準備されていた)
男性陣は5〜6枚。彼女も負けずに結構食べてました。

因にクレープを焼く際に左手にコインを握ったまま、右手でクレープをフライパンから高く投げてひっくり返す事が出来れば、その年は幸運が訪れるという習わしもあるようです。
来年はやってみようかな??
a0117915_1155296.jpg

by gspoulette | 2009-02-10 17:10 | 暦の上で


イギリス&フランスの日々の気になる事を綴っています。


by gspoulette

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ご挨拶
食関連UK
イギリス
イギリス事情
食関連France
フランス
パン・ケーキ屋
ヨーロッパ
お気に入り
手作り
マイブーム
暦の上で
医療
日本
旬モノ
映画
未分類

以前の記事

2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
more...

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧