カテゴリ:ヨーロッパ( 12 )

アイスランド火山

ただいま〜と言いたいところですが、未だ日本です。
そうです、ユーロスターに続いてまたもやこの稀なトラブルに...。
200年ぶりの火山の影響を受けてしまった我が家。
どんだけの確率じゃ〜って感じです。

こんなビッグなトラブルに2回もあたっている我が家。
今年は何か良い事が起きると信じたい!
そう、前向きに捉えないとやってられませ〜ん。

いつ、帰れるんだろうか?
謎です。
我が家は実家に泊まっているのですが
ツーリストの方々、本当に気の毒です。

中には成田で寝泊まりしている方々もいるじゃないですか。
可哀想過ぎるじゃありませんか〜。まじ、人ごととは思えません。
あり得ん!何もサポートしてもらえない方々もいるわけで。
こういう時こそ日本政府がサポートして株を上げるべきでは?
だって、ヨーロッパの各地でも同じように日本人ツーリストが困っているわけだからね。

何だかツイッター的語りのブログになってしまいましたが、
また何か情報が入ったらアップしようと思います。
[PR]
by gspoulette | 2010-04-19 10:14 | ヨーロッパ

ベネツィアのおまけ♪


美味しそうなサラミだと思いませんか?(≧э≦)

a0117915_18531488.jpga0117915_18533013.jpg
でも、切ってみるとナッツ入りのチョコレートですo(≧▽≦)o
イタリアではポリュラーなお菓子なのかな〜。
表参道にもイタリア系カフェレストラン
【Sol Levante:和菓子の「たねや」が出したお店】で同様の物が売っています。

職場が近かったのでいつも行こう行こうと思ってたのに、行かずに終わってしまった....。
で、それを思い出して見た目がとても可愛いので買って来ました。

チョコレートが滑らかな口当たりでなかなか美味しかったです。

念のため、日本で帰るサラミチョコのお店を記載しておきます。
○○さん、仕事帰りに行ってみて下さ〜い。

Sol Levante
東京都港区北青山3-10-14 
Tel 03-5464-1155
11:00-20:00 休み(水、不定休)
[PR]
by gspoulette | 2010-03-03 20:50 | ヨーロッパ

Carnevale di Venezia 2010 RIBOT


ベネツィア最後のネタは食!

今回の旅行中で一番、気に入ったお店です。
観光エリアから外れていますが、お料理(味&見た目)+コストパフォーマンス+お店の雰囲気+スタッフ共に満足出来るお店でした〜♪
a0117915_521962.jpg
ヴェニスにあるレストランは似たり寄ったりのメニューが多かったのですが、
ここはベニスの素材を上手くアレンジしたお料理を頂く事が出来ました。
スタッフに英語が通じなかったのは痛かったけど(英語メニューはあり)
オーナーはフラ語が話せたのでラッキーでした。
人の良さそうなスタッフの方々でとっても気分よく美味しく頂く事が出来ました。

ハーブとクルミのフォカッチャ。温められたパンにオリーブオイルをかけて頂きます。
めっちゃくちゃ美味しくって、ついつい手が伸びてしまった程。
追加を頼まなくてもお店の人が新たに温かいパンを持って来てくれました。
やはり、パンが美味しいお店はお皿も美味しいというのはフランスに限った事
ではないと思いました。大満足!
a0117915_53215.jpg

第一のお皿はタコ♪
かる〜くオリーブオイルでソテーされたタコのサラダ風。
お野菜も十分摂れたし見た目も奇麗で満足な一品でした。
a0117915_532747.jpg

そして白身魚のカルパッチョ。
いや〜身のしまった新鮮な白身魚。美味しい〜。
オリーブオイルにポルト酒のソース。
ちょっとワサビのようなピリ辛のクリームが味にアクセントをつけていました。
日本人も好きな味だろうな〜。

a0117915_534873.jpgヴェネツィア風リゾット。
見た目はいたってシンプル。何処かで食べた事があるような懐かしい味付けでした。
この味付けも日本人にもうけると確信致しました。魚介の旨味がたっぷりの一品です。

a0117915_541656.jpg
主人は白身魚のラビオリ。
大きなラビオリの中に白身魚、
ホタテのバタークリームソースで。
濃厚なソースがラビオリに合ってました。


a0117915_551783.jpga0117915_544394.jpg
デザートはフォンダンショコラのミントリキュール入り♪
濃厚です。中からチョコレートと緑色のミントリキュールが溶け出してきます。

リンゴのフラン(日本でいうプリン)
甘すぎず美味しーい。
添えられたアイスクリームと一緒に頂くのが何とも美味しかった〜。

〆はデザートワインとエスプレッソ
オーナーに尋ねてヴェネツィアの物を選んだ主人。
途中、太っ腹なオーナーは『あれ?量が減っちゃったね〜』とか
言いながらもう1杯、サービスしてくれました(笑)
しかもお会計でもこのオーナーは太っ腹!っていうか
良いのかな〜って思ってしまった出来事が。
a0117915_5324860.jpg

私が席を外している時の事。
お会計をみると77€...だったらしいのですが、
オーナーが『あ〜、これ70€で良いや〜。はははぁ〜』って書き直したらしいのです
(´∀`*) お料理も美味しいしコストパフォーマンスも良心的だったのに。
デザートワインもサービスして頂いた上に、お会計まで?
太っ腹〜(≧э≦)

やっぱりお料理だけでなくスタッフのサービスも重要な事。
ここまで気持ちよく食事が出来るとチップの習慣がない
日本人でも自然に快くチップを置いて行く気になるものです。
大満足です、御馳走様でしたo(≧▽≦)o

このお店、ベネツィアに行ったら是非、行くべきお店だと思います。
ただ、サーブするのにちょっと時間がかかるのでゆったりした気分の時に
行った方が良いかも。
a0117915_554023.jpg

RIBOT
Santa croce 158, Fondamenta Minotto
Tel : 041 524 2486
[PR]
by gspoulette | 2010-03-01 21:58 | ヨーロッパ

MURANO & BURANO ムラノ島とブラノ島


ベネツィアといえばベネツィアングラス。
そのガラスで有名なムラノ島。

a0117915_2341425.jpga0117915_2343992.jpg
村の中にある教会です。
ベネツィアングラスが使われているようでとても奇麗でした。
a0117915_235341.jpg

      こんな光景もベネツィアならでは(^‿^✿)船の上の八百屋さんです。

そしてもうひとつはレースで有名なブラノ
あまりレースに興味がなかったのでこれまで行った事がなかったブラノ島ですが、
建物が可愛いというので見てみたくて行ってきました。
a0117915_236485.jpg

確かに可愛いーーーー。
ここも歩いているだけで満足な場所でした。
a0117915_2362381.jpga0117915_2372540.jpg
あいにくの曇り空でしたがカラフルな家々は本当に可愛らしい〜の一言につきます。
何処を見てもこんなにカラフルな建物が続きます。
私だけでなく、あちこちから可愛いー素敵という声が聞こえてました。
a0117915_2365554.jpg

お散歩するにはお薦めの場所です。
[PR]
by gspoulette | 2010-02-24 22:28 | ヨーロッパ

Carnevale di Venezia 2010 ベネツィアの食


ヴェニスの名物といえばクモガニのサラダ、イカスミパスタに魚介のフリット♪
勿論、食べて来ました〜。

a0117915_17373419.jpg

      アドリア海に囲まれたベニス、シーフードが美味しいです(^‿^✿)

a0117915_17381927.jpg

そして流石と思ったのはリゾット♪
シーフードとアンディーブの組み合わせ。ほろ苦さが大人な感じでとても美味でした。

a0117915_17375448.jpga0117915_17345595.jpga0117915_17384633.jpga0117915_1736212.jpg


a0117915_17354857.jpg

そして北イタリアのデザートといえば、ティラミス♪
自宅でも作る程好きなデザートです。今回は食べ比べしてきました〜。

レストランはピンキリ。
お店のメニューは似たり寄ったり。なので正直飽きてしまう気もする。
さほど、味のレベルも変わらないのに値段が違うのはやっぱり観光地ならでは?
ここでコストパフォーマンスが良くて本当に美味しいお店を見つけるのって大変そうな気がします。

あらゆるガイドブックで紹介されている有名店、Trattoria Alla Madonna
ハズレ〜〜〜。(勿論、写真なんて撮ってません)
ベニス旅行中、唯一の失敗でした(涙)
a0117915_1737263.jpg

ここは伝統的なヴェニス料理(主にシーフード)が食べれるお店。
ここは十分なサーバーがいるのでサービスが行き届いているというのが売りらしい。
けれど...。
私達の担当者。メニューの把握もしてないしお料理を出す順番もはちゃめちゃ。
もう、テンション下がりました。
期待し過ぎた私がいけなかったのでしょう。
盛りつけは、ただのせてるだけで味も他の店とさほどかわらないのでがっかり。
一気に食欲が無くなり殆ど残してしまった私。
言うまでもなくデザートなんて食べずに帰りました。

イカスミパスタ発祥の店とかで歴史はあるらしいが何故にこのお店が度々、日本のガイドブックに載るのか私には理解不能でした。
でも、実際に行ってみない事には分からなかったし仕方ない。
勉強になりました m(_ _)m
このお店、わざわざ行く程の価値あるお店では全くありません!
a0117915_17342357.jpg


がっかりなディナーでしたが、翌日は素敵なお店で食べれたから良しとしましょう〜♪
[PR]
by gspoulette | 2010-02-23 09:24 | ヨーロッパ

Carnevale di Venezia 2010 ベネツィアのカーニバル 2


カーニバル中は至る所で仮装をした人達を見る事が出来ます。
これを見てるだけで楽しくて満足♪
私もカメラ小僧の様に写真を撮ってました(笑)

a0117915_1740345.jpga0117915_17402913.jpg
プロの人もいるのでカメラを向けるとポーズをとってくれます。
a0117915_17405955.jpg

    とっても貫禄があって可愛らしい♪とってもお似合いだと思います。
a0117915_17414021.jpg

          かなりのなりきり度、良い感じでした(´ε`;) 

a0117915_1742481.jpga0117915_17453615.jpg
そしてこんなちびっ子も。可愛いーーー。ポーズもとってくれました。
a0117915_17422983.jpg

            この方々の赤、迫力があって奇麗でしたー。
a0117915_174323.jpg

日本人に対してのだじゃれなのかと思ってしまった(´∀`*) 
Casa bianca ? 本来の意味は白い家。
でも 日本語ならばカサ・ビアンカ:白い傘 (。-∀-) だじゃれ??
でも手作り風で、髪の部分はなんと綿です。お上手でした〜。

a0117915_17441969.jpga0117915_17451338.jpg
奇麗なお二人でした。
a0117915_17435281.jpg

          壁に寄りかかる感じが雰囲気があって素敵でした。
a0117915_17444416.jpg
a0117915_17455789.jpg

左の方の両胸にはマスクがついているのですが、そこに目がついてるんです。
怖かった。写真をクリックして頂ければ拡大画像が見えますので見てみて下さい。
[PR]
by gspoulette | 2010-02-16 21:38 | ヨーロッパ

Carnevale di Venezia 2010 ベネツィアのカーニバル  1

a0117915_2074960.jpg

今回の目的はベニスのカーニバル♪
以前にも来た事があるのですが、やっぱり楽しい〜。
非現実的な雰囲気も味わえるのでテンションがあがります。
a0117915_2081211.jpg

ホテルからの眺めです。朝焼けが奇麗だ〜。早速、朝食をとってカーニバルへ出発〜♪

a0117915_2083389.jpg
                           私達もカーニバルを盛り上げるべくメークを
してもらいました〜♪
因にメークは5ユーロから(^‿^✿)
目が隠れているので怪しいですが、こんな感じです。
a0117915_20101646.jpg

12時 天使の飛躍:
サンマルコ広場の鐘楼から天使が縄の上を飛び降りるカーニバルメインショー。
といっても見た目はかな〜り地味であれ?って感じです。(因に女性がやりました)
でもメインのショーなので凄い人だかりがです。
a0117915_2092286.jpg

綱が見えますか?白い物体っていうか人が綱渡りします。
a0117915_2094367.jpg

共和国時代には、縄だけで勇士達が鐘楼からドージェの待機している
ドージェ宮殿のテラスに降りたらしいです。
まー確かに高さもあって1本の綱だけだからやってる事は凄いんですけどね。
地味〜に終了しました。
a0117915_20104632.jpg
a0117915_20111027.jpg

伝統仮装行列です。中世の時代の洋服をみにつけて音楽と共に練り歩きます。
次は色々な仮装された方々をお見せします。
[PR]
by gspoulette | 2010-02-15 21:04 | ヨーロッパ

Carnevale di Venezia 2010 ベネツィアの街並


イタリアはベニスに行って来ましたー。
一度、主人と行ってみたいな〜と思っていた場所のひとつです。
中世の街並がそのまま残っている雰囲気。
交通手段が車ではなく船というところも非現実的(一般的に)で観光するには魅力的な場所だと思います。

パリ同様に好きな理由のひとつは街を歩いているだけで満足出来るから。
プラプラと目的なしに歩いていてもとにかく街並が素敵なので飽きる事がないと
思います。だからまた行きたいな〜と思ってしまうのだと思います。
a0117915_17342424.jpg

Piazza San Marco&Basilica de San Marco(サンマルコ広場とサンマルコ寺院)
サンマルコ寺院は11世紀にに建てられたビサンチン建築。
来た当日はあいにくの雨で寒かったのですが、やっぱり絵になる風景だな〜と。
a0117915_17383889.jpg

Piazza Ducale(ドゥカーレ宮殿)とCampanile di San Marco(鐘楼)
8世紀に創設されその後火災にあい15世紀に現在の形に修復。
左手の鐘楼は96.8mエレベーターで頂上まで行く事が可能
a0117915_17344841.jpg

雨模様のベニスも雰囲気があって気に入ってます。
a0117915_17355796.jpg

Ca' Pesaro(カ・ペーザロ)
13世紀に運送業で富を得た貴族で行政官のペーザロが
18世紀に建てたバロック様式の館で現在は美術館として機能している。
a0117915_17364065.jpg

Ca'd'Oro(カ・ドーロ)
1440年に建築、当時は金が貼られていてたとの事。
ヴェネツィア・ゴシックの最高建築といわれ現在は美術館として機能している。
a0117915_17373371.jpg

Canal Grande(カナル・グランデ大運河)
ヴェネツィアの本島を逆S字に走る最も一番大きな運河で全長3800mにもおよぶ。
a0117915_1739426.jpg

運河を優雅にゴンドラ行き交います。みたところ、80%は日本人観光客でした。
a0117915_1737597.jpg

Ponte di Rialto(リアルト橋からの眺め)
a0117915_17394853.jpg

所々にある小さな運河も絵になる風景でした(◡‿◡✿)

まだまだ続きま〜す。
[PR]
by gspoulette | 2010-02-11 20:33 | ヨーロッパ

マヨルカ島 郷土料理編


スペインというとパエリア、生ハム、タパス。
けれどマヨルカ島の郷土料理って?
 
a0117915_21105530.jpg
    
エンサイマダ(Ensaimada):
ちょっと潰れてしまった(^^ゞ実際はもっとふんわりしてます。
クリームやアーモンド・ペースト入りの菓子パン。ベーシックな物は粉砂糖のみ。
パン屋さんを覗くと、色々なバリエーションがありました。
フルーツをのせたタペストリー風等。
私達は、カフェクリームとアーモンド&クルミペーストがサンドされたものをチョイス。
ふかふかで軽いパン生地(クロワッサンをもっと軽くした感じ)で美味しかったです。
朝御飯にもぴったりの一品。
a0117915_21112069.jpg

マヨルカパンの薄切りと野菜の煮込み(Sopas mallorquinas):
底には薄切りパンが敷き詰められていてその上に野菜がたっぷり。   
かなり優しい〜お味でした。      
a0117915_21115161.jpg
                       
トンベット(tombet) :
簡単にいうとフランスのラタテゥィユに近い?
野菜を揚げてマリネ状態にしてトマトペーストをかけた感じです。
こちらも野菜たっぷりなのでヘルシー。
野菜は揚げているけれど決して油っぽくなくて、沢山食べれました。
a0117915_2112156.jpg

イカのファルシ(calamars farcits):
見たままですがいかの詰め物。非常にイカが柔らかくこれまた身体に優しいお味でした。
a0117915_21124759.jpg

パエリア(paella):
マヨルカの郷土料理ではありませんがとりあえず(^‿^✿)量が多かった。
a0117915_21131120.jpg

タパス(tapas) :
ベタにタパスも頂きました。イカ、小魚のフリッター、タコのマリネ、生ハムetc
a0117915_21283914.jpg

PALO VIDAL & Randa & Herb de mallorca (アルコール): 
マヨルカ名産のアルコール。
親切なお店のおばちゃんんが1つ1つ説明してくれて、沢山試飲させて頂きました。
Randa : レモンリカーで食後酒向き(40%)
PALO VIDAL : カラメリゼやアニスの入ったもので食前酒向け(25%)
写真を撮る前に既に半分以上飲んでしまった主人 (´∀`*)
もう1つ、南仏ではおなじみのパスティスに似たお酒、Herb de mallorca
しかしマヨルカで飲んでてしまった主人....。
この写真は義父のお土産用に買ったもの(^^ゞ 
a0117915_2114932.jpg

sobrassada (ソーセージ):
マヨルカ特産の生ソーセージ。
豚挽肉にパプリカ、塩、その他の香辛料を加え、腸詰にしゆっくり風乾、
熟成させたもの。非常に柔らかく食感はリエットに近いかも?
アペリティフに丁度良い一品かと思い買ってきました♪

マヨルカ島の郷土料理。初めての物が多くて楽しい食体験が出来ました。
これで、マヨルカ旅行記はおしまい。
[PR]
by gspoulette | 2009-04-20 21:48 | ヨーロッパ

マヨルカ島 Valldemossa(バルデモサ)編


今回、マヨルカ島を選んだもう1つの理由(^_^)/

ここ、マヨルカ島は私の好きな(ベタですが)ショパンのゆかりのある場所。
肺結核療養の為、恋人の仏人作家であるジョルジュ・サンドと訪れた土地です。

パルマから北北西17Kmの小さな村でValldemossa(バルデモサ)
とても可愛らしい街並でのんびりした雰囲気の場所でした。
ただ、印象としては標高の高い場所の為か天候が変わりやすい。
私達が訪れた時も日が射したり隠れたりの繰り返し。風も非常に冷たかった。

a0117915_1652521.jpg
a0117915_16532957.jpg
a0117915_1654788.jpga0117915_16543344.jpg


                                         Monasterio de Cartuja(カルトゥハ修道院)
2人が過ごした部屋がそのまま美術館になっていて、当時の調度品々が展示さ
れています。これまでにも彼のゆかりの土地へ足を運んだ私。
既に違う場所で見た物が多々あり(ここはレプリカが多かった(^^ゞ)

a0117915_1658968.jpg
a0117915_16584965.jpg
a0117915_16591551.jpg
a0117915_16593897.jpg
a0117915_170350.jpg
a0117915_1702685.jpg

ショパンは冬の時期に3ヶ月程滞在しているのですが、ここで作曲された代表曲
『雨だれのプレリュード』他にも幾つかの名曲が生まれた一方で、
ここマヨルカは彼らにとってはあまり居心地の良い場所ではなかったようです。

療養目的のはずが結核は悪化。
村人にも肺病と言われて差別を受け、孤立せざるおえない状況だったとか。
でも今となっては、ショパンが住んでいたいう事で有名になっているという皮肉な場所?
二人がそれぞれに残している手紙には、
”二度と、この土地に足を運ぶ事はないでしょう”的な文章が残ってたりして(_ _|||)

二人にとっては辛い場所だったけれど、そこでいくつもの名曲が生まれているわけです
し、個人的には自筆の楽譜や使っていたピアノも見れたので満足でした ヽ(^。^)ノ
[PR]
by gspoulette | 2009-04-17 17:18 | ヨーロッパ


イギリス&フランスの日々の気になる事を綴っています。


by gspoulette

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ご挨拶
食関連UK
イギリス
イギリス事情
食関連France
フランス
パン・ケーキ屋
ヨーロッパ
お気に入り
手作り
マイブーム
暦の上で
医療
日本
旬モノ
映画
未分類

以前の記事

2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
more...

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧