カテゴリ:暦の上で( 16 )

Saint-Valentin


またまた久々の更新になってしまいました。
14日はバレンタインでしたね。
例年の事ながらお花屋さんは真っ赤なバラで溢れていました。
男性がバラの花を買っている光景は素敵です。
a0117915_184191.jpg

私は旦那様からバラとユリのブーケを頂きました。
有難うございました。
ちなみに私はお菓子を作る暇がなくてカードのみになってしまいました。
近いうちに旦那様の好きな物を作ってあげたいなぁと思います。
[PR]
by gspoulette | 2012-02-17 18:03 | 暦の上で

クレープを食べる日 chandeleur

フランスの1月はガレットデロワで始まりましたが、2月2日はchandeleur
ということで、クレープを食べる日です。
以前にもこちらで紹介したので、興味のある方はこちらをクリック
a0117915_19304957.jpg

朝から仕込んだ生地はしっとりで久々のクレープは美味しい。
もちろんメインもデザートもクレープ三昧な夜でした。
[PR]
by gspoulette | 2012-02-03 19:32 | 暦の上で

Joyeux noël 2011

a0117915_555279.jpg
主人にとってのクリスマスカラーはやはり赤と緑と金色。
私は大人っぽく白とシルバーにしたかったのですが、これって邪道?
という事で我が家のクリスマスツリーは赤ベース。
他に赤いポインセチアに赤ベースのフラワーアレンジでクリスマスを彩りました。
a0117915_57446.jpg
今回のクリスマス料理はこちら~。
前菜は前日に仕込んだオマール海老で作ったビスクスープ&大好きなエスカルゴ
その他フォアグラのチョコレート入りパテ、チョリゾーとトマトのマリネ、チキンとバジルのパテ、グレープフルーツと山羊チーズのサーモンロールetc
a0117915_58863.jpg
メインはこの時期にしかお目見えしないというフランスはブレス産のシャポン鶏(Chapon:去勢した雄鶏で主にクリスマスの時期だけ出回るという高級鶏)
私はこのお肉を食べるのが今回初めてでした。
シャポン鶏のお腹にトリュフ、セップ茸とコニャックで風味付けしたお肉が詰め込まれた一品。
お肉の感じは鶏肉と合鴨の間くらいのお味でジューシーな感じ。

そしてデザートの前に大好きなチーズ。
大好きなMont d'or とCrotinとRocamadour(2種類の山羊のチーズ)
これをpain des amies と一緒に頂きます。そして以前、南仏で買ったジャム
(山羊のチーズに合わせて食べる為のロゼワインとアプリコットのジャム)
このジャムと山羊のチーズの相性といったら、もう最高です~。
久々にフェルベールさん以外で美味しいジャムに出会えた感じ。
激ウマなジャムでした。

今年はほどほどの量にしたので、お腹がはち切れずにすみました(笑)
まだスィーツのスペースはあるって感じです。
[PR]
by gspoulette | 2012-01-17 08:03 | 暦の上で

Galette des rois 2012

毎年紹介しているので御覧になっている方はおわかりかと思いますが、フランスの新年といえば、ガレット・デ・ロワ (Galette des rois )
a0117915_17342736.jpg
今年は大好きなDu Pain et des Idée のGalette des roisです。
この日はエピファニーの前日という事もあって、ショーケースにはいつものパンの種類を減らしてガレットがずらり〜。
パン職人のクリストフさん自らがショーケースに沢山のガレットデロワを並べていました。その姿を見ていたらクリストフさんがボンジュ〜ルって(^_^)
写真で見るよりもナマの方が素敵でした。

いつもこちらに来ると行列なので待つのが当たり前なのですが、その間にある1人の外国人の御夫人がお店のマダムに質問していました。

何でここのガレット・デ・ロワのアーモンドは茶色なの?と。
すると、お店の方はここぞとばかりに力説し始めました。
『うちはクオリティーの高いナチュラルなアーモンドをそのまま使っているからこんな色なんです!だから他のお店のように白いクリームにはならないんですよ』と熱く語っておりました。なるほどね〜。ますます食べるのが楽しみになりました。
a0117915_17381858.jpg
食べたい部分を選んでいざ実食♪
フェーヴが出て来ないので今回は引き分けで明日に持ち越しかと思われたその時!
やったぁ〜見事2年連続で私がフェーブを当てました〜。ラッキー。
今年も良い事があると良いなあ〜。

そうそう、肝心のお味。
主人はかなりハマッたらしく、今迄での中で一番好きかも〜と言ってました。
アーモンドクリームの甘さが程よくパイ生地がサクサク♪
非常に軽く食べ易くて美味しかったです。
そしていつものpain des amies と最近のお気に入りサフランとクルミのパン(rabelais)も相変わらず美味しくて幸せ〜。御馳走様でした〜。
[PR]
by gspoulette | 2012-01-13 08:30 | 暦の上で

聖ニコラ(Saint-Nicolas)

毎年12月6日は子供の守護聖人である聖ニコラ(Saint-Nicolas)のためにお祭りが
開催されているそうです。

この日、いい子にしていた子供たちにお菓子を配りにやってくるといわれている
Saint-Nicolasはサンタクロースの起源ともいわれているそうです。
そしてその日に食べるお菓子がSaint-Nicolasの形をしたパン・デ・エピス。
フランスでは主にアルデンヌ、ロレーヌ、アルザス地方で他にオランダ、ベルギー、
ドイツ等で信仰が深いそうです。

パリの街にもこの時期になるとSaint-Nicolasのお菓子が売っているだろうという事で
老舗のお菓子屋さんへ行って来ました。
a0117915_3101894.jpg

可愛い店内はまるでお菓子の家!ディスプレイがとにかく可愛い〜 (^‿^✿)  
主人が幼少の時に食べていたというお菓子がずらり。
見ているだけでもウキウキ、ワクワクしてしまう程可愛い〜。
主人も懐かしそうに色々なお菓子の説明をしてくれました。

写真右下は貝殻の形の入れ物にキャンディーが流し込まれているそうで主人も小さい時によく食べていたそうです。ただただ見た目が可愛いのでおやつ用に購入♪

レジの前では1つから買う事が出来る綺麗なチョコレートがずらり(≧э≦)
テンションのあがっている主人はアレもコレも美味しいよぉ〜っと力説。
そこで思い出深いチョコレートを選んで買ってきました。
ただ濃厚で美味しいチョコレートはあっという間に無くなってしまいました。
a0117915_3104335.jpg
そしてお目当てのSaint-Nicolasの形をしたパン・デ・エピス(pain d'epices)
パン・デ・エピス自体は珍しい物ではなく、機会があれば我が家でも食べるものですが
今回はお祝い事用として買って来ました。
お昼時だった店内は沢山のビジネスマン。おやつの時間用に何か買っているようでした。
そして我が家も気づいたら色々なお菓子を買っていました。
大人も楽しめる昔ながらのお菓子屋さん。幸せな時間だったなぁ〜。

*Pain d'Espices とは直訳するとスパイのパン。
ライ麦生地にハチミツと数種類のスパイスを入れて焼き上げたものです。
以前御紹介したブルゴーニュ地方のディジョンでも良く作られています。
お店によってスパイスも違いますし、焼き上げ方も違っていて色々楽しめると思います。
[PR]
by gspoulette | 2011-12-08 10:09 | 暦の上で

Saint-Valentin

ブルゴーニュの記事を書いている最中ですが、時期ものも(´ε`;) 

バレンタイン当日。
お友達とランチの後、お散歩しているとお花屋さんに並んでいるのは男性陣。
何とも素敵な光景だわ〜と。
毎年、この光景を見ると素晴らしい〜と思わずにいられません。

さて、我が家の今年のバレンタイン♪
この日は何故か私よりも先に帰宅していた主人。
デザート食べる?といつもの調子で聞いて来たので、
(我が家では夕食後にチーズ、デザート、ヨーグルト、フルーツ系のどれかを食べる)
今日はお腹一杯だからいらないと返事すると、食べようよ〜っと言ってくる主人。
その後、庭に出て何やら手に持って部屋に戻って来ました。
a0117915_172323.jpg

あはっ。サプライズでケーキを買って来てくれてました〜o(≧▽≦)o
バレンタイン仕様のハート型です。
勿論、お腹一杯ですが愛情たっぷりのプレゼントですので頂きました♪
a0117915_173256.jpg

因に私からのプレゼントは主人の好きなプラリネのダックワーズ。
ややいびつですが、手作りで♡型に♪
久々に作ったダックワーズも美味しい〜と喜んでもらいました。
という事で、今年はダブルで甘いバレンタインになった我が家でしたo(≧▽≦)o
[PR]
by gspoulette | 2011-02-25 22:55 | 暦の上で

Galette des rois 2 Stohere

自分の中でガレット・デ・ロワが今ブームになっているというか、
前回の手作りガレットが惨敗だったので美味しいガレットが食べたくて、
パリの老舗パティスリーであるStohere(ストレー)のガレット・デ・ロワを食べました。
これで今年は3度目のガレット・デ・ロワ (ノ゚∀゚)ノ 
a0117915_1891219.jpg

やっぱり前回の代物とは違った...。
パイがサクサクで美味しかった(涙)
私のは高温で焼き過ぎたので重くてやや硬かったなぁ〜と改めて痛感。
勉強になったわ〜。
a0117915_1893057.jpg
ちなみにstohereは流石老舗という感じでオーソドックスな空豆(フランス語でフェーヴ)
それにお店の名前と西暦が書いてあるものでした。
a0117915_1894980.jpga0117915_1810840.jpg
*御存知の方も多いと思いますがstohereは1730年創業。パリ最古のパティスリーです。
[PR]
by gspoulette | 2011-01-18 18:07 | 暦の上で

Galette des rois ガレット・デ・ロワ 1


昨年から、地味に自宅で簡単に出来るフランス家庭料理教室を開催していますが、
先日、今年初めてのレッスンを行いました。
フランスの1月といえば、ガレット・デ・ロワ♪
(詳細については御覧になりたい方は昨年の記事を♪ こちらをクリック

という事でデザートにお出ししようと思い、ガレット・デ・ロワを作りました。
初めて作ったのですが惨敗。無惨な結果になってしまいました( ;∀;) 
甘くみていた....。やっぱり難しーーーーぃY(>_<)Y
出来上がりをみた主人は焼き過ぎちゃったねと....。トホホ..。

本来であれば作り直したいところですが、何せ時間がかかるんです(涙)
これを仕上げるのに2日半かかったんです(本来ならば3日間)
なので作り直す時間はなくなってしまいました。
a0117915_34256100.jpg

    でもね、本に載っていたガレット・デ・ロワもコレくらいこんがり焼けたんです...。

お出しするには申訳なかったのですが、この雰囲気を楽しもうということで♪
フェーヴが誰に当たるかを楽しみつつ〜。
今月末にママになる方に見事フェーヴが当たりました♪
ただね、気合いを入れてフェーヴを買ったのは良いのですが、
もうひとつの主役でもある王冠を買い忘れていた私....。
詰めが甘いとはこういう事だわ〜(涙)

今回はいつも御世話になっているお菓子の先生も来て下さっていたのですが、
(毎回、デザート作りは緊張している私)初挑戦でこの出来は良いですよ〜と、
有難いコメントを頂きました。そして先生にアドバイスを頂きつつ...。
やっぱり日本のレシピの温度設定ではこの国では高過ぎるという事。
忘れてたわ〜(´ε`;) その通りだったわ〜と反省。
めげずに、もう一度チャレンジしてみようと思います!
[PR]
by gspoulette | 2011-01-17 19:36 | 暦の上で

新年の御挨拶

すっかりお正月モードは去り、平常の生活に戻っている事と思います。
遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。
a0117915_2104436.jpg

昨年の三越おせちが失敗だったので自分で作ってみました。出来上がりを想像しながら作るのは楽しい作業でした

今はメールが主になっていますが、やはり手書きのメッセージは温かみがあって良いもの。
日本から年賀状を送って下さった皆様、有難うございました。

我が家は自宅で鴨南蛮そばをすすりながら、新年を迎えました。
BBC(イギリスのテレビ局)ではテムズ川周辺からの花火を中継していましたが、
とても綺麗でした〜。興味のある方はこちらから御覧くださ〜い。
では、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

" target="_blank">
[PR]
by gspoulette | 2011-01-10 19:03 | 暦の上で

Joyeux Noël

a0117915_814157.jpg

やっと夏のバカンスネタが終わりましたが、既に暦は年末(´ε`;) 
先週降った雪は溶けましたが、相変わらず寒い日が続いております。
クリスマスも過ぎ、日本はお正月モードたっぷりなんだろうなぁ〜。
こちらはクリスマスの翌日からあちこちでバーゲンがスタート。
テレビで見たのですが物凄〜い人でした(> < ;)

さて我が家のクリスマスは?
イヴの日、クリスマスの準備をしていると何やらデリバリーが?
主人からの素敵なブーケが届きました。嬉しい〜。有難うございます。
ポインセチアで飾ったお部屋もさらにブーケのおかげで華やかになりました♪
a0117915_82649.jpg
今年のクリスマスは、Veriine (ベリンヌ)からスタート♪
<Amuse-bouches >
verrines de crabe et d'avocat, chantilly au piment
左からカニとアボガドのクリーム、パプリカの風味
tartare de tomates aux framboises et au parmesan
トマトのタルタル、フランボワーズ和え
verrine de foie gras et confiture d'oignons
フォアグラと玉ねぎのジャムの組み合わせ
jambom cru et framboises
スプーンは生ハムとフランボワーズ
Madeleine à l'estragon
手前はエストラゴンのマスタード風味マドレーヌ

見た目も華やかで自己満足(≧э≦)でもいたって簡単な物ばかり(笑)

a0117915_825026.jpg

<Entrées>Tartare aux trois poissons, sauce au Wasabi
     3種類の魚のタルタル風、ワサビ醤油ドレッシング和え。
     かな〜り簡単な一品でお恥ずかしい....。
さっぱりと頂きたかったのでとワサビ風味のドレッシングにしました。
a0117915_83135.jpg

<Plat principal>
filet de boeuf, sauce aux truffex et tagliatelles frais sauce champignons (trompettes et girolles).
   プレロティーやダックはあえて避け、トリュフソースで仕上げたステーキです。
   既にこの時点でお腹一杯になっている私...。
   付け合わせにはタリアッテレをジロルとトランペット茸のクリームソースで♪
a0117915_8152490.jpg

<Dessert> Buche de Noël  
デザートは主人リクエストのブッシュド・ノエル。
コーヒー生地にコーヒー味のバタークリームでサンドし外側はプラリネのバタークリームで
デコレート。今回プラリネクリームも自分で作りました。
見た目はいけてませんが、味は間違いなく美味しかった〜。
プラリネ味が大好きな主人は満点をくれました。

下手だけどメレンゲのキノコやイチゴで作ったサンタ。なかなか気にっています♪
次回はもう少しクオリティーの高いケーキが作れると良いな〜。
でも学生時代、美術の分野は全くセンスなかったな〜と今更思い出した私...。
地道にやるしかないわね。また頑張ります。

そして二人の会話といえば、日本やフランスだったらこんなに手作りしなかったかも?
こんな会話を何度もしている我が家です。
[PR]
by gspoulette | 2010-12-27 08:00 | 暦の上で


イギリス&フランスの日々の気になる事を綴っています。


by gspoulette

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ご挨拶
食関連UK
イギリス
イギリス事情
食関連France
フランス
パン・ケーキ屋
ヨーロッパ
お気に入り
手作り
マイブーム
暦の上で
医療
日本
旬モノ
映画
未分類

以前の記事

2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
more...

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧