カテゴリ:フランス( 69 )

SALON SAVEURS 2012

a0117915_2191842.jpg
年に2回開催されるSALON SAVEURS
今回タイミングよく行くことが出来ました。
おおまかにいうとフランス各地(フランス領も含む)の美味しいものを集めた物産展。
つい日本の北海道物産展とか駅弁の物産展やらを思い出しました。
北海道物産展とか駅弁とか日本は本当に美味しいものが沢山だものなぁ。
a0117915_2194496.jpg
会場に入った途端、『マダム、ムッシューこれ食べてみて』という声が
あちこちから飛び交っていました。
朝ごはんを食べてきたばかりだったのでお腹は空いていないけれど美味しいものと分かれば味見をしないとね~。という事でひたすら味見。
美味しいぃ~と何度連呼したでしょうか。
間違いなく味見だけでお腹は満たされてしまうほど。
a0117915_21102418.jpg
総合的に言うと、チーズとシャキュルトゥリー(生ハムやらソーセージ類の総称)
が多かったかな。
でも各地の美味しいものを食べられて幸せ~な時間を過ごすことが出来ました。
自宅用にはコルシカ島のヤギのチーズとハム&その他をゲット。
コルシカのハムとチーズ達はくコクがあって美味しく久々のコルシカ産に感激。
美味しいと心の底から感動することが出来ると思うのですが、まさにそれでした。
まーお値段もびっくりなんですけどね。
決して懐には優しくないけれど(爆)食べる楽しみを失ったら寂しいですから。
a0117915_21105599.jpg
こちらは自宅に持ち帰るかを主人と悩み結局断念した一品。
フォアグラとフルーツの愛称は抜群な事は勿論知っていますが、こちらはイチジク、イチゴ、プルーンなどのフルーツの中にフォアグラを詰め込んだもの。
フルーツの中にフォアグラを入れちゃうなんて。見た目も美しく美味しい一品でした。
a0117915_21112315.jpg
そしてランチは会場内で生牡蠣をサーブしてくれる出店的なものもあり。
迷うことなくそこで生牡蠣を堪能。

冬のサロンにもタイミングが合えば行きたいなぁ~。
会場はもっと大きい所だしクリスマス前ですからね。内容がもっと濃そうです。
[PR]
by gspoulette | 2012-06-20 20:32 | フランス

10月ですけど。

彼らの住む敷地内にはプールやテニスコート、南仏ではおなじみのペタンク場、
コンビニ、レストラン等があります。
池を泳ぐ白鳥やカモ達もいたりして、リゾート地のホテルにいる錯覚に陥いる程。

午前中の観光&買い出しから戻り、敷地内を散歩する主人達と合流し敷地内にある
レストランでランチを頂きました。
a0117915_3534249.jpg
私はカルパッチョ、主人達はタルタルステーキ♪
レストランは週末という事もあって家族連れで賑わっていました。
勿論お味も良かったです。
なんといってもお天気が良いのでテラスで食べる御飯は美味しい〜。
a0117915_35452.jpg

そんなレストランンの横にはプールがあり、そこで泳いでいる方や日焼けしながら
お休みになっているご老人の姿もあったりして。
10月といえども22〜24℃のこの日なら有りだよねと。
悲しいかなぁイギリスじゃ考えられません。
でもでも今年はイギリスも太陽が沢山浴びれたから感謝です♪
この気持ち忘れちゃいけません!
[PR]
by gspoulette | 2011-12-22 08:52 | フランス

Cagnes-sur-Mer

この日はラグビーのワールドカップでフランス戦が朝からテレビ中継された日。
日本に居る時にはラグビーを見る機会がなかったのですがロンドンに住み始めてから
(テレビでしか見た事はないけれど)面白くてハマったスポーツの1つ。
で、男性陣は観光よりも自宅でラグビー観戦したいという事で女子2名で観光&食の買い出しへ行って来ました〜。
っといっても自宅から10分圏内でいける観光名所です。
a0117915_19332195.jpg
可愛いなぁ〜。初めてみる景色に大感激な私。
そして隣で写真を撮りまくっている私を『日本人て本当に写真好きやねぇ〜』
と言って見つめる友人です。
a0117915_19334599.jpg
窓のサッシにちょこんと可愛らしい天使ちゃん♪
可愛いーという言葉しか出ませんでした。1つ1つが何気ないのにセンス溢れる街並。
a0117915_1934854.jpg
ブーゲンビリアの時期は過ぎていましたが大満足o(≧▽≦)o
この日もお天気が良くて高台に位置するここからの景色もとても素敵でした〜。

そうしてお散歩中に一本の電話。
フランスが勝ったよ〜ぉというラグビー戦の勝利の報告でした。
[PR]
by gspoulette | 2011-12-19 08:32 | フランス

ソッカ socca

ニース空港に着いたのは21時過ぎ。
向かった先は友人行きつけのお店。ニースの名物料理が食べられるというお店です。
22時からの夕飯って....。
有難いけれど太りそうだぁ〜という言葉が頭を過った私ですが、その数分後にはそんな事も忘れディナーを楽しみました(笑)
a0117915_18173375.jpg
まずは久々にソッカ(socca)を食べました〜。
ひよこ豆の粉を使ってクレープみたいに焼き上げた物です。以前食べた時にはあまり美味しいと感激した記憶がないのですが、今回はとても香ばしくて美味しかった〜。
食べ物に対して貪欲な私は自宅でも食べたいと思い、早速友人に頼んでひよこ豆の粉もゲットしました。

その他、南仏料理らしいズッキーニの花のフリットやらファルシ(野菜の肉詰)、
アーティーチョークのサラダetcの名物料理を次々に頂きました。
a0117915_18182043.jpg
どれもこれも美味しかった〜。大勢での食事だったので色々な物が楽しめて大満足!
そして南仏といえばロゼワイン。
みんな凄い飲んでたけど明日起きれるかしらと心配な私。
明日からの観光が楽しみだぁ〜。
[PR]
by gspoulette | 2011-12-15 18:16 | フランス

青い空

a0117915_344073.jpg
当然ですが12月になり、日に日に気温が下がってきています。
とはいっても今年はまだまだ暖かいかもしれません。
日照時間は短いながらも晴れ間も多いのでそれだけでも満足です。
本格的な冬になる前にこの綺麗な青空と海の景色をo(≧▽≦)o
a0117915_3442332.jpg
10月中旬、たっぷりの太陽と美味しい物、そして気分転換を兼ねてコートダジュールに住む友人の家へ遊びに行って来ました。ここは友人宅近辺の一枚です。
毎日がバカンスだよねって思ってしまうくらい素敵な所。
コートダジュールは10年振りです。
空が青過ぎるーーーぅ。沢山の太陽を浴びてパワーをもらって来ましたヽ(^。^)ノ
[PR]
by gspoulette | 2011-12-12 08:43 | フランス

ペールラシェーズ墓地 / Cimitière du père lachaise

パリには有名なお墓が3つあります。
モンマルトル墓地、モンパルナス墓地、そしてペールラシェーズ墓地です。
a0117915_454413.jpg
著名人が多く眠る墓地という事で観光地としても有名です。
私も初めてパリに来た時にはショパンのお墓に母とブーケを買って行ったものです。
今回は、久々にお散歩を兼ねてペールラシェーズに行って来ました。
a0117915_4572087.jpg
以前、訪れた際にはショパンのお墓のみを見たのですが、今回はじっくり散策。
初秋という事もあり、木々が紅葉していてとても綺麗でした。
そして中にはここお墓?という物もあったりして見応えたっぷり。
お墓とはいえ、公園のような雰囲気が感じられます。
ベンチに座って日向ぼっこする人や読書をしている人の姿もあったりして。
まずは墓地内のマップをもらい目的地へ向かいます。
a0117915_4544117.jpg
こちらがショパン(Chopin)の墓石です。
ショパンの意向で彼の心臓だけは故郷であるポーランドの寺院に納められています。
(ちなみにそちらにも行ったんですけどね)
ロマンチストな彼らしい墓石には綺麗なお花が供えられていました。
a0117915_4551276.jpg
ショパンの墓石の近くにはこれまた有名人。
昨年亡くなったフランス人映画監督のクロウド・シャボール(Claude CHABROL)です。
a0117915_4554983.jpg
そしてこちらはエディットピアフ(Edith PIAF)のお墓です。
a0117915_4563846.jpg
丁度私達が訪れた際に一番賑わっていたのはジム・モリソン(Jim Morrison)
近くの木には皆、メッセージを残していました。
他にも沢山の著明人が眠っています。
色々な墓地を見て回るのはなかなか興味深いものでした。
[PR]
by gspoulette | 2011-12-05 07:45 | フランス

Le Théâtre des Bouffes du Nord

オペラやバレーはお馴染みですがフランスで舞台を見るのは今回が初めて!
というのも私の好きな仏人俳優さんMathieu Amalric
(マチュー・アマルリック:映画監督としても活躍中)が初めて舞台をやるという事で
生マチューが見たくて旦那様にお願いしたのでした(笑)
演目はゲーテの『ファウスト』しっかり内容を予習して行って来ました〜。
a0117915_6242659.jpg
初めての劇場だったのですが、いやぁ〜鳥肌が立った。
Le Théâtre des Bouffes du Nord
1876年に建てられ1993年からMonument historique(歴史的記念碑)です。
a0117915_6225074.jpg
小さな劇場なのですが、何ともいえない雰囲気で素敵〜。むき出しっぽい感じの場内。
それが何とも良い雰囲気を醸し出していました。
a0117915_6231595.jpg
そして小さな劇場なだけにマチューが近くで見る事が出来て感激〜♪
2階席の最前列でしたが、マチューの顔がよく見えた〜。
そして彼のセクシーな声が生で聞けたので嬉しかったです。

ただ内容はかなりアダルトでモダンな仕上がり(汗)
近くに小学校高学年くらいの子がいたのですが、かなり激しい内容だったのではと....?
心配になってしまった。
[PR]
by gspoulette | 2011-12-01 08:20 | フランス

ボーヌのノートルダム寺院/La collégiale Notre-Dame de Beaune

こちらは12世紀に建築され、19世紀に修復されたボーヌのノートルダム寺院です。
a0117915_3173260.jpg
写真はありませんが、中には聖母マリアの一生を19のシーンに描いたタピスリーが有名です。また木製の黒いマリア像があり町の守護神になっているそうです。
a0117915_3175482.jpg

[PR]
by gspoulette | 2011-11-07 08:16 | フランス

施療院/Hospices de Beaune

ここは以前から興味があって来てみたかった所のひとつ。
1443年、貧しい人びとのためにフィリップ善良公のニコラ・ロランが建設。
実際に1971年まで使われていた病院です。
中庭を囲むモザイク模様の瓦屋根。
病院には見えない!とにかく綺麗だな〜という印象の建物です。
a0117915_18314862.jpg
a0117915_18322342.jpg
病院内部は昔の医療器具やどんな環境で患者さんが治療していたのか、
その他薬剤部、栄養部、礼拝堂等。
a0117915_1830557.jpg
a0117915_18312549.jpg
a0117915_18303063.jpg

a0117915_18295775.jpg
初めのお部屋には暖炉もなくてベットのみ。さぞかし冬は寒かっただろうと思います。
そうして次に暖炉が出来て、男女別の部屋が出来てなど改革が進んでいったようです。
a0117915_18443944.jpg
こちらは大病室の祭壇画、最後の審判(POLYPTYQUE DU JUGEMENT DERNIER)
大法官自身がロジェ・ファン・デル・ヴァイデンに制作を依頼した祭壇画。8年の年月をかけて制作されたゴシック様式絵画。巨大な虫眼鏡でみると詳細がよく分かります。
[PR]
by gspoulette | 2011-11-01 08:28 | フランス

Musée du vin de Bourgogne ワイン博物館

ブルゴーニュ公の居城だった14~16世紀の建物が現在博物館となっているそうです。
ワイン作りの歴史、ブドウ圧搾機や樽やワイン差しなど様々な道具が展示されています。
a0117915_18204599.jpg
全くお酒を飲めない私も十分楽しめる場所でした。
興味深かかったのは、どんな土壌が良いのか?どのような天候だと良いブドウが育つか等、ワインに関する事を知る事が出来ます。
そしてもう1つ。ワインを入れる樽の作り方。
昔の映像と共に知る事が出来るのですが本当に興味深い物でした。
a0117915_18213457.jpg

こちらはちょっと見た目が怖いけれどワインの神様(バッコス)Bacchusです。
[PR]
by gspoulette | 2011-10-31 08:17 | フランス


イギリス&フランスの日々の気になる事を綴っています。


by gspoulette

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
ご挨拶
食関連UK
イギリス
イギリス事情
食関連France
フランス
パン・ケーキ屋
ヨーロッパ
お気に入り
手作り
マイブーム
暦の上で
医療
日本
旬モノ
映画
未分類

以前の記事

2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
more...

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧